【とくかく目を大きくしたい】

自分の目をとにかく大きくしたい、顔の印象を変えたいという方が僕のところに訪れました。

 

お客様曰く、色んな美容外科を今回って、色んなドクターの意見を聞いて回っているそうです。

「どのように変えて自分の目、鼻を変えていけばいいのか」自分でもわからなくなってきたというのです。

 

早速ご来院してきた頃の写真をご紹介します。

【術前・メイクあり】

【術前・メイクなし】

 

明らかにわかるのが眼瞼下垂があるっていうことですね!

目の全体的なバランスは非常によく、年齢的にそれくらいのたるみあって当然な感じですね。

蒙古襞はそこまで発達していないけど、末広型の二重ですね。おそらく若い時はもっと幅の狭い奥二重という所でしょうか。眼瞼下垂が進行していくに連れて二重幅が徐々に広がってきた感じだと思います。

 

白目と黒目のバランスがそんなに悪くはないと思います。カラーコンタクト(ディファイン系)で黒目を広げる方もいらっしゃるように、この方は黒目はそこそこ大きいのでかなりいいと思います。目を大きく見せるのであればこの方の場合はもうちょっと白目が見えてたらより良いかなって感じですね。

目頭側は蒙古襞がない分白目は多めですが、尻側の白目のバランスがちょっと悪いですよね。

 

なので目に関しては必要な施術としてもっともポイントになるのが

眼瞼下垂の治療だと思います。

①眼瞼下垂の治療でしっかり上眼瞼を開いて全体的に目自体を大きくする事ができます。また、目の開きがよくなれば二重の幅は今よりも狭くなっていくが、その辺はデザイン次第で二重幅は調整できます。

②たるみ取り全切開二重術で末広型二重→平行型二重に、末広よりも平行型二重の方が明らかに見かけ上に目の大きさの違います。この方の場合目頭切開なしでもナチュラルな平行型になれました。また、眼瞼下垂で二重の幅が狭くなるという話がありましたが、同じ二重ラインで切開してもたるみをしっかり切除すれば、幅の広い二重は可能になります。切開においての二重ラインはどこに傷があるのかは一切関係ないですね。

③下眼瞼下制で目尻側の白目(下側)を見せる。上側は眼瞼下垂である程度見せる事ができるが、下側はタレ目を作れば目尻側の白目を見せることで大きさを稼ぐ事ができます。そして、軽いタレ目でより可愛いらいい雰囲気を作り出す事が可能です。

 

以上のことを踏まえて、お客様に噛み砕いて説明をし、

【たるみ取り全切開二重術+眼瞼下垂術+下眼瞼下制術】を行いました。

 

術後1ヶ月を見てみましょう

【術後1ヶ月・メイクあり】

術前と並べてみるとその差がわかるかと思います。

いかがでしょうか?

僕は必ず手術する前に最低限これくらい評価してどのようにしたら良いのかお客様に提案しております。

皆さんもドクター選びの時にどうかよく調べて挑んで下さいね♬

 

 

さて、本日の解説はここまでとします。

 

鼻尖形成

耳介軟骨移植

プロテーゼ

鼻についてはまた次回に紹介しますね